平成27年度中核市市長会防災担当者会議総会を開催しました

2015年7月24日

平成27年7月24日(金)、東京都千代田区の全国都市会館において、平成27年度中核市市長会防災担当者会議総会を開催いたしました。 

 

防災担当者会議1.jpg 

 

防災担当者会議2.jpg

 

 

会議には本年度より中核市へ移行し、災害相互応援協定及び実施細目を締結した東京都八王子市並びに埼玉県越谷市を加えた新体制で臨み、平成27年度役員市に関する審議のほか、防災・減災について先進的な取り組みを行っている各市が、その事例を紹介し情報共有を図りました。

 

<前橋市事例紹介:スマートフォンを活用した災害時の情報収集活動>

前橋市.jpg

 

<金沢市事例紹介:災害時協力協定の取り組み~実効性ある支援を受けるために~>

金沢市.jpg 

 

<岡崎市事例紹介:SIP 戦略的イノベーション創造プログラム>

岡崎市.jpg

 

 

最後に、【応援チーム】ごとに分かれ、意見交換を行いました。

防災に関して日頃から抱いている問題意識、課題等について話し合うとともに、災害発生時における中核市相互の協力等について確認しました。

意見交換.jpg

 

 【応援チームとは】

 災害により被害を受けた都市へ、被害を受けていない都市が友愛的精神に基づき相互に応援協力することを目的として設けたブロック(「北海道・東北・関東ブロック」「中部ブロック」「近畿・中国ブロック」「四国・九州ブロック」の計4ブロック)に対し、被害が広範囲に及び、ブロック内応援体制が機能しないような広域災害時に対応するためのもの。現在、6つの応援チームを整備しています。

 

関連ワード

このページの先頭に移動