「TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)を構成する国土交通省地方整備局等の職員定数の充実に関する緊急要請」について、内閣府、国土交通省へ緊急要請活動を行い、中核市とともに地方分権を推進する国会議員の会へ活動報告を行いました。

2019年10月4日

 令和元年10月4日(金)に内閣官房内閣人事局及び国土交通省へ緊急要請活動を行い、中核市とともに地方分権を推進する国会議員の会の衛藤征士郎世話役会長へ、緊急要請活動の報告をいたしました。

 災害時における地方自治体間で相互の応援だけでは限界があり、災害からの復旧・復興には、国による、より高度な技術的支援と専門的な見地に立った支援が不可欠であります。国民の生命・財産を守るための防災・減災の取組は、国と地方自治体が一丸となり、取り組む必要があることから、災害時における緊急災害対策派遣業務にも携わる地方整備局等の職員の定数について、更なる充実を図っていただくよう緊急要請いたしました。

 

TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)を構成する国土交通省地方整備局等の職員定数の充実に関する緊急要請.pdf(78.4KBytes)

 

 

≪提出先≫

内閣官房内閣人事局 人事政策統括官 山下 哲夫
国土交通省 技監 山田 邦博

 

≪報告≫

中核市とともに地方分権を

推進する国会議員の会

世話役会長

(衆議院議員)

衛藤 征士郎

 

≪要請参加者≫

中核市市長会 会長

太田 稔彦

(豊田市長)

災害対応・防災力強化プロジェクト幹事、

監事

濱田 剛史

(高槻市長)

 

 

 

◆内閣官房内閣人事局◆

1内閣官房内閣人事局.JPG

左から、濱田剛史高槻市長(災害対応・防災力強化プロジェクト幹事、監事)、

山下哲夫人事政策統括官、太田稔彦豊田市長(会長)

 

 

◆国土交通省◆

2国土交通省.JPG

左から、濱田剛史高槻市長(災害対応・防災力強化プロジェクト幹事、監事)、

山田邦博技監、太田稔彦豊田市長(会長)

 

 

◆中核市とともに地方分権を推進する国会議員の会◆

3中核市とともに地方分権を推進する国会議員の会.JPG

左から、濱田剛史高槻市長(災害対応・防災力強化プロジェクト幹事、監事)、

太田稔彦豊田市長(会長)、衛藤征士郎世話役会長(衆議院議員)

このページの先頭に移動