中核市サミット 2016 in いわき

2016年10月27日
●2016年ポスター.jpg●2016年ポスター●サミットの会場の様子●いわき市長によるサミット宣言の様子●中核市市長会会長による風評被害払拭宣言の様子

01 メインタイトル

中核市サミット 2016 in いわき

02 テーマ

共に創る未来へ 
~中核市から切り拓く“この国のかたち”~

03 目的

 中核市は、平成8年に発足以来、社会情勢に対応しながら、地域の中核的都市として、地方分権の推進と地域の発展に向けて大きな役割を果たしてきました。
 現在、国においては、少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会を創って行くため、「希望を生み出す強い経済」、「夢を紡ぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」の「新三本の矢」を柱とした「ニッポン一億総活躍プラン」を閣議決定し、誰もが生きがいを感じられる社会創りを目指しています。
 少子高齢化・人口減少という大きな課題を抱える地方においても、国と連携して一億総活躍社会の実現に貢献することは極めて重要であり、市民をはじめ地域、企業、各種団体、行政等様々な主体が全員で魅力あふれる社会を実現するために持てる力を最大限発揮し、地方から日本の活力を生み出していく必要があります。
 この中核市サミットでは、中核市市長が一堂に会し、人口減少の克服と地域活性化の諸施策について議論を深め、その活動と成果を全国に発信するとともに、誰もが活躍できる社会の実現を図ることを目指します。

 

 

このページの先頭に移動